家庭用ウォーターサーバーを利用して安全性の高い水を飲む

水の比較

グリーンとお茶

ウォーターサーバーの比較サイトを見ると、天然水とRO水というように水の種類ごとの比較ページがあります。天然水はいわゆるミネラルウォーターで、RO水とは天然水をフィルター処理してろ過した純水を指します。 RO水は徹底して不純物を取り除いていますので、安心して飲用や料理に使用できますし、採取地に制限がありませんのでリーズナブルな価格も魅力です。また、赤ちゃんや小さい子供の場合、ミネラルが多すぎるとおなかがゆるくなってしまうこともありますが、RO水でミネラル無添加のものでしたらこの心配はありません。 このように、リーズナブルで安全なRO水のウォーターサーバーは人気があります。ウォーターサーバーの会社によっては、天然水とRO水の両方を扱っているところもあります。 ウォーターサーバーの比較をする際、サーバーのレンタル料や水の価格など料金面が気にされることが多く、水の質については採取地や含まれている成分に着目されることが多いのですが、まずは天然水かRO水かを決めると比較しやすいです。

ウォーターサーバーをレンタルする場合に気になるのはコストでありますが、コストについてはトータル面でメーカーを比較して選ぶと良いです。 まず考えるのはウォーターサーバーにかかる初期費用と月々のレンタル代と水の代金でありますが、各社比較すると様々なサービスがあります。初期費用が無料であったり、レンタル開始から数ヶ月以内は割引が効いたりなどありますが、2年もしくは3年単位でトータルでかかる費用がどのくらいなのかを比較してメーカーを選ぶと良いです。 また、ウォーターサーバーにかかる費用はこれだけではなく、電気代もかかります。いくらレンタル代が安いからといって、消費電力が高いとトータル面で損をしてしまう可能性がありますので、ウォーターサーバー機のメーカー別性能表を比較した上で、月々の電気代がどのぐらいかかるのかを予測して決めると良いです。